おとなのオリゴ

おとなのオリゴ

こんな方におすすめです

  • 毎日スッキリしたい
  • ビフィズス菌を増やしたい
  • 若々しくいたい

年齢とともに、腸内環境は変わっていきます。

人の大腸には100兆個以上の細菌がすみついています。人に良い影響を与える善玉菌、悪い影響を与える悪玉菌、とちらともいえない中間菌が共生して、私たちの健康をサポートしています。
善玉菌のなかでももっとも多いビフィズス菌は、生後すぐに増加。乳幼児の腸内細菌の99%を占めるようになります。ところが高齢になると、急激にビフィズス菌が減少して悪玉菌が増加。さらには、ビフィズス菌と悪玉菌の割合が逆転する傾向になります。

腸内環境をもとに戻すには、ビフィズス菌を増やすことがカギ!

悪玉菌はアンモニアなどの有害物質をつくりだすため、増えると腸内環境が悪化します。また、善玉菌のビフィズス菌が増えると、乳酸や酢酸などを生成してくるため、腸内が酸性になり、アルカリ性を好む悪玉菌にとっては、すみにくい環境となります。乳酸菌も悪玉菌ですが、大腸のなかでの数はビフィズス菌と比べるとわずかであり、また、殺菌作用の強い酢酸をつくらないため、悪玉菌への影響力は少ないと考えられます。
健康のためには、影響力が強いビフィズス菌を増やすことが大切です。

ビフィズス菌を増やすにはガラクトオリゴ糖!

ビフィズス菌を増やすために有効なのは、エサとなるオリゴ糖を与えること。
しかもオリゴ糖には、悪玉菌のエサになりにくいという特長があります。
また、オリゴ糖にはいろんな種類がありますが、腸内細菌99%がビフィズス菌だという赤ちゃんが飲んでいる母乳に含まれているのはガラクトオリゴ糖。これを1日あたり2.5g摂取することで、腸のなかのビフィズス菌は1週間で2.5倍、2週間で約3倍に増えることが確認されています。
ガラクトオリゴ糖は、乳製品にも含まれています。しかし、ガラクトオリゴ糖2.5gは牛乳約1.5リットル分に相当するので、毎日飲むのは大変。サプリメントなどで摂取することをオススメします。

商品特長

●Point1 4種類のオリゴ糖を配合 ※特許申請中

人の腸内環境はさまざま。すんでいるビフィズス菌の種類や割合も違います。熱や酸に強く腸まで確実に届くオリゴ糖を選び、そのなかからビフィズス菌をもっとも増やすことができる配合を探し当てました。1日1本でガラクトオリゴ糖が2.5g摂取できることをベースに、悪玉菌と戦うチカラを引き出すキチンオリゴ糖を含めて4種類のオリゴ糖を組み合わせました。

●Point2 1日1本目安で低カロリー

1日1本18kcal。しかも脂質0g。携帯にも便利なスティックタイプでいつでもどこでも手軽に続けられます。

●Point3 68%の方が実感!驚きのスッキリパワー

■飲み始めて翌日、久しぶりにスッキリ!これがオリゴ糖のパワーかと驚きました。(60歳 女性)
■毎朝ヨーグルトに混ぜて食べています。相乗効果があると思います。(80歳 男性)
■5日くらい続けた翌朝にスッキリしました。朝、自宅でスッキリするリズムができて、良かったです。(45歳 女性)
■スッキリだけでなく化粧のノリも変わりました。今まで青汁や酵素などを試しましたが、水と混ぜたりする手間があり、長くは続けられなかったんですが、これは初めて続けられました。(23歳 女性)
※モニター47人を対象とした当社アンケート調査(2015年9月~10月実施。1日1本1ヵ月摂取)

商品ラインナップ
↑ページTOPへ
Copyright © UMI wellness. All Rights Reserved. UMIウェルネスは焼津水産化学工業株式会社(東証一部上場[2812]本社:焼津市)の100%子会社です。